C2R方式のOffice 2013 アップデート方法お覚書き




メーカ製パソコンのプレインストール版Office 2013を、インターネットに接続していない環境でアップデートしたかったのですが、これがとても容易ではありません。C2Rという方式で、単純にアップデートのダウンロードを行っても適用できないのです!

今回は、この苦労したことを覚書として残しておきます。

まず、準備するのはインターネットに接続された作業用端末。この作業用端末で、「クイック実行用Office展開ツールの入手」と「インストールソースの入手」を行います。その後、アップデート対象のある端末での作業となります。


 

    1. クイック実行用Office展開ツールの入手
      以下のサイトから、クイック実行用Offce展開ツールを入手します。
      https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj219422.aspx
    2. インストールソースの入手
      イ) configuration.xmlの編集
      d:\C2R\ に展開ツールを配置し作業フォルダとします。
      展開ツールに含まれる configuration.xmlを以下の通り編集します。<Configuration>
      <Add SourcePath=”D:\C2R\” OfficeClientEdition=”32″ >
      <Product ID=”PersonalRetail”>
      <Language ID=”ja-jp” />
      <Language ID=”en-us” />
      </Product>
      </Add>
      <Logging Path=”d:\C2R\”/>
      </Configuration>ロ)setupの実行
      コマンドプロンプトを開き、作業用フォルダに移動(※1)した上で、次のコマンドを実行します。※1 D: [Enter] 、 CD \C2R [Enter] をタイプし、作業用フォルダに移動します。

      setup  /download configuration.xml
      ダウンロードが開始されます。コマンドプロンプトが入力待ちになるまで放置します。

    3. アップデート対象端末へのインストールソースのコピー
      先ほどダウンロードが完了した作業用端末の D:\C2R\ フォルダを丸ごとアップデート対象端末にコピーします。コマンドプロンプトを管理者で開き、作業用フォルダに移動した上で、次のコマンドを実行します。setup  /configure  configuration.xml

      C2Rのアップデートが開始されます。


今回の肝は

<Add SourcePath=”D:\C2R\” OfficeClientEdition=”32″ >

の記述で、プレインストールのOffice PersonalではSourcePathをどのように記載してよいかがMicrosoftのサイトのどこにも載っていないからわからない。。。という点です。 OfficeClientEdition が正解。それ以外は、色々なサイトに記載がありますので、そちらをご参考に。




この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック・ピンバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL