第二級アマチュア無線技士合格までの勉強法




合格していたので、、、調子に乗って合格までの勉強法をまとめておきます。

試験に向けての勉強期間ですが、約1ヶ月でした。主に、通勤電車内で行き帰り各1時間です。

使ったテキストはこちらの新・上級ハムになる本 [ 丹羽一夫 ]です。記載は少し難しく感じますが、要点を丸暗記するつもりで何度も読み返します。

新・上級ハムになる本 [ 丹羽一夫 ]
価格:2808円(税込、送料無料)

 

私は電気科出身、、、といってももう25年は電気関係とは疎遠ですが、、、ですので、工学部分はなんとなくわかるレベルでした。法規は中2の時に取得した電話級アマチュア無線の試験以来です。法規に理屈はないので、暗記するしかないですね。

そして、一番有効であったのはこちらのサイト、JH3KCWさんの第一級および第二級アマチュア無線技士国家試験の過去問題を集めたサイトです。ここにある過去問を可能な限りこなしましょう。PDFをダウンロードし、タブレット端末で問題と解答を交互に表示させながら理解を深めました。わからない部分は参考書を開き、わかった気になるまで読み返します。

また、モールス符号の暗記に使ったのはAndroidアプリの「Morse Toad」です。いろいろな暗記法があるようですが、自分には「語呂合わせ」が全く身につかず、「音を聞いて、キーボードから該当の文字を押すだけ」という単純なMorse Toadがあっていたようです。

「参考書」、「問題集」、「モールス符号暗記」の3つのツールで2級を取得できたというわけです。

取得のための勉強に費やした費用は参考書の3000円弱のみ。かなり経済的に取得することが出来ました。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック・ピンバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL