ツッコミどころ満載・オンライン資格確認の延長

オンライン資格確認の延長に関する記事を拝見し、あまりにもツッコミどころ満載だったので私見です。

●保険者が加入者のマイナンバーや被保険者番号を中間サーバーに登録する必要がある
→表面的には保険証を持っていても、裏ではマイナンバーで管理するということですね。はっきりこれを周知しないといけないのでは。

●2月時点でマイナンバーの入力ミスが3万件以上あった
→手動でやっているということですね。それではミスも起きますね。

●各保険者で確認や修正を進め、3月24日時点では約50件にまで減少したが
→まさか人手で確認?機械的に登録・確認できないのでしょうか。

●今後も就職などで保険者の移動は起こるため、データ入力時にエラーを検知するシステムなどを整備し、より正確性が担保されるまで、本格運用開始を見送ることとした。
→今までエラー検出できなかったの?それは延長しなければなりませんね。

●コロナ禍の出勤制限などで、データの登録作業が思うように進んでいない保険者があり
→だから人力でデータ登録している限り誤りは発生するし、その仕組じゃだめなんじゃないでしょうか。

●マイナンバー以外の入力でも誤りが生じている。
→不安でなりません。

●3月24日時点で、資格を失うなどしたため被保険者証の情報が登録されていない事例が約6万3000件、被保険者番号が正確ではない事例が約3000件確認されており
→さっき「約50件まで減少したが」と記載があったような。。。不正確では。

●「既知の課題に対応するとともに、未知の部分もあるかもしれないので、一度立ち止まることにした」と説明している。
→プレ運用54施設で問題が発生しているので、これからもプレ運用施設を募り、完成度を上げていただきたいです。

私にはとても疑問なのですが、特定健診の結果や、投薬の情報は「保険証」に紐付いているのでしょうか、あるいは「マイナンバー」に紐付いているのでしょうか。保険証とマイナンバーの紐付けにミスが発見されたということは、他人の特定健診、投薬の情報がいつの間にか自分のものとして紐付けられるということになりえないのでしょうか。いっそマイナンバーカードが保険証でもよいのではと思ってしまいます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック・ピンバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL